事例2

排水・汚水処理、洗浄|マイクロバブル・ナノバブル発生装置 HOME > 事例2

マイクロバブル・ナノバブル発生装置 導入事例2

独自のストレート構造で目詰まりが起きず、メンテナンスフリーなど優れた特徴を持ち、他製品とは一線を画すマイクロバブル・ナノバブル発生装置「YJノズル」を導入されている企業様・団体様の事例をご紹介します。処理効率の向上やコストカットなど、大きなメリットを感じていただいています。

原料製造N社様 排水処理、洗浄施設

排水処理、洗浄の対象 化粧品原料等化学品製造工場排水処理、洗浄
これまでの問題点
および課題
  • 原水槽、調整槽等における臭気が発生
  • ベントナイト凝集汚泥と活性汚泥の余剰汚泥の発生
排水処理、洗浄の概要
  • 処理水量150m3/日
  • 凝集前処理後の調整槽 BOD7000mg/l
  • 原水槽100m3⇒凝集処理 ⇒調整槽100m3⇒嫌気槽⇒曝気槽 ⇒沈殿槽

今回の対応内容
  • マイクロバブル・ナノバブル発生装置YJノズル「YJ-15」(0.75kw水中ポンプ)を原水槽、調整槽に各々1基設置した
結果
  • 数10年来の問題点であった臭気がマイクロバブル・ナノバブルYJノズル設置後、わずか1日で完全に解消した
  • ベントナイト凝集処理後の原水BOD7000mg/lが3000mg/lに大幅低減した
  • ベントナイトの薬品使用量も半減し、コストダウンに成功した
  • ベントナイト凝集汚泥の引き抜き回数が月平均22回から11回に半減 (産廃費用半減)
  • 活性汚泥処理の余剰汚泥も半減(産廃費用半減)でコストダウンに成功
  • 振動、騒音が極端に少ないマイクロバブル・ナノバブル曝気が環境改善に貢献

ベントナイト凝集処理後の原水量

ベントナイト薬品使用料

ベントナイト凝集汚泥引き抜き回数

YJノズル導入の効果で様々な効果が発揮され、結果コストダウンにもつながった。

今後の改善計画

原水槽、調整槽へのマイクロバブル・ナノバブルYJノズルの設置で、大幅に臭気改善、薬注減量、汚泥減容に成功することができた。この結果をうけ、今後は曝気槽を従来のブロ ワによるディフューザー曝気から低振動、低騒音、省エネルギーなマイクロバブル・ナノバブル「YJノズル」の曝気に変更することで大幅な省エネおよびブロワの撤去によ る振動、騒音の管理対象削減による省力化など、更なる改善を近々実施予定。

WEBからのお問い合わせはこちら

  • PAGE TOP