洗浄・排水・汚水処理が変わる。

処理効率向上・コストカットを実現するマイクバブル・ロナノバブル発生装置 なら「YJノズル」

新着情報

高性能で低価格

洗浄・排水・汚水処理の効率の向上・コストカットをお考えの皆様へ

もっと効率を向上させたい

汚泥などが発生して、その対策が必要

コストカット対策を続けているが、効果が出ない

臭いがきつく、クレームが出ている

藻が発生してしまい、景観を損ねている

このような洗浄・排水・汚水処理に関するお悩みやご要望をお持ちの皆様へ、マイクロ・ナノバブルを利用した処理、洗浄方法と、マイクロ・ナノバブル発生装置「YJノズル」をご提案します。

マイクロバブル・ナノバブルの4つの特徴

マイクロバブル・ナノバブルは直径わずか1/1000mmの極めて小さな気泡です。通常、水の中で発生する気泡のサイズは数ミリ程度ですが、マイクロバブル・ナノバブルはその泡の1/1000以下という小ささ。

その為、今まで無かった高密度の気泡(マイクロバブル・ナノバブル)を発生させることで、多種多様な効能を生み出すことに成功しました。

当社のYJノズルにおける、マイクロバブル・ナノバブルの効能をポイントごとにまとめさせて頂きました。

【マイクロバブルの帯電性】

マイクロバブルは電荷を帯びており、マイクロバブル同士は反発しあいます。このため気泡が結合することなく、非常に高濃密な気泡を発生させることができます。 マイクロバブルの電荷は、中性~アルカリ性ではマイナスに、酸性の場合はプラスに帯電するケースが多いといわれています。

【マイクロバブルの自己加圧効果】

マイクロバブル・ナノバブルは表面張力により、収縮し消滅します。これをマイクロバブルの圧壊(あっかい)と言います。このため、気体の溶解効率が飛躍的に向上します。

【マイクロバブルの滞在時間】

マイクロバブルは、上昇速度が非常に小さく、ミリバブルより長く水中に滞在することが可能です。このようなマイクロバブルの特性も、高い溶解効率に関連しています。

【マイクロバブルの圧壊現象】

マイクロバブルが一気に収縮することによって“圧壊”と呼ばれる現象が発生します。この現象は、ホットスポットと呼ばれる超高温・高圧の領域を形成し、フリーラジカルが発生、有害な化学物質を強力に分解することが可能です。オゾンマイクロバブルの場合は更に強力なフリーラジカルが発生します。ナノバブルは圧壊後に発生した粒子なのではとも言われています。

マイクロバブル・ナノバブルが常識を変える

マイクロバブル・ナノバブルがいま、まったくあたらしい洗浄・排水・汚水処理の方法として大きな注目を浴び、各業界の大手企業様や地方の河川課様などが足早に導入されています。マイクロバブル・ナノバブルは一般的な泡と違い、汚れを吸着し水と分離させたり、圧壊により有機物分解を促進します。マイクロバブル・ナノバブルは、処理効率の向上・コストカットの削減など、様々なメリットをもたらします。

他製品とは一線を画す マイクロバブル・ナノバブル発生装置「YJノズル」

マイクロバブル・ナノバブル発生装置は世の中に数多くあります。しかし、YJノズルはそれらとは一線を画す製品です。

  • マイクロバブル業界唯一の大口径ストレート構造でどんな排水・汚水でも目詰まりが起きず、メンテナンスフリー
  • マイクロバブルだけでなく、ナノバブルも発生させる(マイクロバブル・ナノバブル発生装置)
  • マイクバブル発生ノズルとしては極めて豊富なサイズ展開で、工業用として最適(特に異物によるトラブルが懸念される排水処理ではその差は歴然)
  • マイクロバブル業界最大の水量処理が可能(5,000ℓ/min~)なので、広大な水域でも使用可能

などの優れた特徴を持つマイクロバブル・ナノバブル発生装置は、
エンバイロ・ビジョン株式会社のYJノズルだけです!
マイクロバブル・ナノバブル発生装置「YJノズル」は、汎用ポンプに繋ぐだけで使用可能なので、工業プロセスや
一般排水処理、洗浄過程でも簡単にご利用いただけます。

マイクロバブルより更に小さいナノバブルの発生が確認されました!(1ccあたり1億個近くのナノバブルが大量発生!)

マイクロバブルより更に小さなわずか数百ナノメートル以下の気泡「ナノバブル」。超微細サイズのためどのような場所にも入り込み浄化・活性化させるという、非常に優れた効果を持ちます。従来、このナノバブルは存在が確認されていませんでしたが、このたびの実験によりYJノズルからマイクロバブル同様、ナノバブルが発生していることがブラウン運動からナノ粒子数・分布数を推測するナノサイトにより確認されました。ナノバブルの確認により、水質浄化などYJノズルが持つ優れた効果がより明確に証明されたと言えます。

WEBからのお問い合わせはこちら

  • PAGE TOP